【不用品回収】エコノバ

僕は、フリーランスで仕事をしていますが、それだけでは食えないので、アルバイトもしています。

アルバイトは、横浜市某所のショッピングセンターに入っている家具・日用品の量販店です。

僕は、その量販店で家具の販売を担当しています。

その量販店では、大型家具の買い替え時のみ有料で不用品の回収も請け負っています

回収を頼まれる方は、大体購入された商品と同じものが多いです。

例えば、ベッドの場合ならベッド。ソファーならソファー、食器棚は、食器棚ということです。


不用品回収 理由

販売店ので引き取り費用は、横浜市の粗大ごみ処理費用に比べ費用は、かなり割高です。

それでも引き取りを依頼されるには大きな理由があります。
それは自分で持ち運び出すことができないということです。

だから買い替えなどで家具を買わないのに、引き取りだけを相談される方も1割ほどいらっしゃいます。

みなさん、困っているのです。

引き取りの理由はいろいろですが、高齢の家族が亡くなったという理由を聞くことが多くなったように感じます。

不用品 ランキング トップ10

不用品回収業者のサイトを参照に実際に僕が家具の販売して実感する不用品ランキングを以下に挙げます。

 

1位 ベッド、マットレス

 

不用品回収の無料査定はこちら>>>

不用品でトップは、ベッドやマットレス、寝具類です。暮らしにおいての必需品で毎日使うものです。

もちろん行政の粗大ごみでも対応していますが、2階にあるから運ぶことができないとか、引っ越し先で新しいものに買い替えるなどが不用品としての回収理由です。

また横浜市では、スプリングのないマットレスは処理手数料が1,000円ですが、スプリングがあるものは2,200円と割高になります。

不用品回収の無料査定はこちら>>>

2位 ソファー

 

不用品回収の無料査定はこちら>>>

ベッドなどの寝具に次いで多いのが、多くの家庭のリビングで使われているソファー。

重量的には、40~50キロほどあるので、これも粗大ごみ置き場まで運ぶのが大変です。

実は、昨年自宅のソファーを粗大ごみに出したのですが、娘と二人で持ち出すとき、自分の脚の上に落してしまい、右足の親指の付け根を骨折してしまうという事件がありました。

不用品回収の無料査定はこちら>>>

3位 たんす

 

不用品回収の無料査定はこちら>>>

結局、1位から3位の大型家具に共通することは、自分で運び出せないことです。

行政に粗大ごみ処理として出した方が割安なのですが、2階にあるからとか、運び出す経路も狭く、分解も出来ないという理由で不用品回収の依頼となります。

しかも僕のように怪我をすることもありので無理したくないですよね。

不用品回収の無料査定はこちら>>>

 

4位:食器棚
5位:電話台・テレビ台など
6位:冷蔵庫
7位:洗濯機
8位:テーブル、机
9位:ガスコンロ
​10位:エアコン

4位から10位までも運び出しずらい物に加え、大型家電など取り外し方がわかならないなどの理由があります。

 

不用品回収業者

 

不用品、粗大ごみなどの処理は、家具屋さんなどで買い替えのために新しい家具を買って、古いものを引き取ってもらうのもひとつの方法です。

しかし、それにはいろいろ制限があり、単純に不用品だけの回収は依頼できません。

また、行政に粗大ごみ処理を頼みのも一般的ですが、高齢者だったり一人暮らしだったり、高層マンションなどで粗大ごみ置き場まだ距離がある場合には、できないことも増えて困ってしまいます。

そこで、不用品回収業者に依頼することになります。

しかし、どこに依頼していいかわかりません。


そこで、一括比較サイトがおすすめです。
↓ ↓ ↓

【不用品回収】エコノバ

 

こちらのサイトでは、当道府県、市町村、町名、そして依頼したい作業内容を入力するものです。

最大5社に一括査定されます。

依頼した業者からここに連絡が入り、希望条件などを相談します。

条件に見合った業者を選択して作業を依頼します。

また、こちらのサイトでは平均相場も記載されていますので参考にしてください。

最後にエコノバでは、エイチーム引越し侍と提携して、紹介する専門業者も審査基準をクリアした安心で親切で信頼できる業者です。

なお、念のため安心できる業者の見分け方もサイト内に記載されているので参考にしてください。

   運営者

よしお 60才 横浜在住
アルバイトで家具を販売しています。
​ベッド、ソファー、キッチンボードなど大型家具を購入されるほとんどの方が、古い大型家具の処理に困っている現実を知りました。
そこで粗大ごみや不用品の回収について考えて行きたいと思います。

© 2020 不用品回収 rss